スケジュール

【12月Events&Workshops】
12/12(THU) 20:00-22:30 YOGA LATTE NIGHT @ R-Star

【12月代講&休講】
12/12(TUE) クンダリーニヨガ@True Nature→代講KaoruTokyo

**BRIGHTON Studio DAIKANAYMAクラス、12/25-1/5までレギュラークラスお休み

【レギュラークラススケジュール】
【MON】
14:00-15:15 Hatha yoga@Nirvana yoga studio 
20:30-21:45 超楽しいハタヨガ!! @オハナスマイル祐天寺
【TUE】
19:00-20:15 Kundalini yoga @True Nature yoga studio
【WED】
7:45-8:45 Good morning yoga @Nagatacho GRID
10:00-11:00 Hatha yoga@BRIGHTON Studio DAIKANYAMA **毎月第3水曜のみ
18:45-20:00 ハタヨガベーシック @ オハナスマイル祐天寺
【FRI】  
7:30-8:30 朝ヨガ@BRIGHTON Studio DAIKANYAMA
19:00-20:15 Kundalini yoga@BRIGHTON Studio DAIKANYAMA
【SAT】
10:00-11:00 朝ヨガ@BRIGHTON Studio DAIKANYAMA  
11:30-12:45 Kundalini yoga @BRIGHTON Studio DAIKANYAMA
15:00-16:15 Hatha yoga @Nirvana yoga studio


**グループ、プライベートレッスン、企業などへの出張レッスンも承っております。全てのクラスは日本語&英語可。詳しくはmaikosemperviva@gmail.com までお問い合わせください。

YOGA FOR EVERY BODY....


2010年2月1日月曜日

Every body is different


昨日からYin yoga Teacher trainingがスタート。


今週から3週に渡って土日を使って行うTT.


総勢40人弱というかなり大人数のクラスです。


Yin yogaとは・・・・


ものすごく簡単にいってしまうと、


一つのポーズを3分~5分ほどキープし、筋肉の奥にある、骨や靱帯などの組織(connective tissue)にアプローチをするYOGA。


それに対して、Power yoga やAshtanga yoga (クラスによってはHathaも)などのように沢山動いて、筋肉にアプローチをするものはYangのYOGA。


って、ものすごく簡単な説明なので、また今度しっかりとご紹介します。

(ちゃんとTrainingしてから。。)


で、今週はAnatomy(解剖学)のお勉強。


実は同じ内容のAnatomyクラスを数年前のTeacher trainingでも受け、


その後に一度なぜだかワークショップに参加し、


今回が3回目。




しかし、3回目にしてとても色々なことがクリアになりまして。




不思議なもので、自分自身では気が付いていなかったけれども、


カラダに関する知識が以前よりも身についていたり、


英語力(特にYOGAに関する英語)がちょっとましになったようで。


小さな成長(?、って自分で言っていいのかわからないけど・・)を感じました。



そして再確認しました。


”Every body is different"

本当に一人ひとり、体のつくりは違うのです。


特に今回の授業は”骨”にフォーカスしているのですが・・・・


骨格って本当にみんな違う。


その骨格の違いによって、できる動き、できない動きが出てきて。


だから、皆が同じ完成系を目指して、同じポーズを取ろうとしても無理なんです。


骨のつくりではなく、筋肉にアプローチをしていくことでポーズを深めていくことはできても


骨格の問題上それ以上、どうやったってできないことがある人もいる。


何年YOGAの練習をしても、骨のつくりは変わらないから。


たとえば骨のつくりによって、Downdog(ダウンドッグ)のときに、肘がまっすぐに伸びない人、猿手で肘を後ろに曲げられない人、背中が沢山沿ってしまう人、親指が床に着かない人、かかとが床に着かない人・・・・それはその人が丁度よい場所にいるならばそれでOKなんです。


もしそのポジションに痛みが伴わず、

どこかに不快感を感じていないのならば、

心地がよければ


それが"その人にとってのDowndog"です。


雑誌や本に載っている

”一般的に完成形と思われるきれいなポーズ”ではなくて

”自分のカラダにとってのパーフェクトなポーズ”を目指せばいいのです。


カラダに聞いてみてください。”丁度いい?”って。


※骨格の問題ではなく、筋肉の収縮(ストレッチの度合い)によってポーズが深まることもあります。

ポーズを深めることができない理由がCompression(圧迫、圧縮)ならば骨と骨、骨と靱帯がぶつかってそれ以上深めることができない。Tension(ピンっと張った状態)ならばそれは筋肉の問題なので、練習によって深めていくことは可能です。



0 件のコメント:

コメントを投稿